小規模事業者持続化補助金(一般型)

小規模事業者を支援

①新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者

②賃上げに取り組む事業者

③計画的に事業承継に取り組む事業者

④経営力の向上を図っている事業者

⑤地域の特性・強みを生かして高い付加価値を創出し、地域経済への影響力が大きく、その担い手となりうる事業に取り組むことが期待される企業として経済産業省が選定した事業者等

⑥過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓等に取り組む事業者

への重点的な支援を図ります。

対象者

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他常時使用する従業員の数 20人以下

※個人事業主の方も対象です

※代表や役員は含めない、正社員のみのカウントになります。

内容

補助額上限

~50万円

補助率

2/3

(1)
①「認定市区町村のよる特定創業支援等事業の支援」を受けた小規模事業者、
②法人設立日が2020年1月1日以降である会社(企業組合・協業組合を含む)、
または税務署に提出する開業届に記載されている開業日が2020年1月1日以降である個人事業主については、補助上限額が100万円となります。
・150万円以上の補助対象となる事業費に対し、100万円補助します。
・150万円未満の場合は、その2/3の金額を補助します。
(2)
数の小規模事業者等が連携して取り組む共同事業の場合は、補助上限額が「1事業者あたりの補助上限額」×「連携する小規模事業者等の数」の金額となります。(ただし、500万円を上限とします。)
(3)
上記(1)と(2)の併用は可能です。(その場合でも、補助上限額は500万円を上限とします

【事業再開枠】
~50万円

2020年5月14日以降に発生し対象期間中に支払、使用等が完了した経費に関して、追加で事業再開枠の補助金の申請が可能になります。また、詳細はこちらからご確認ください。

 

公募スケジュール

1次締切:2020年3月31日(火)必着

2次締切:2020年6月5日(金)必着

3次締切:2020年10月31日(金)必着

4次締切:2020年2月5日(金)必着

※第5回受付締切以降(2021年度以降)については、今後、改めてご案内します。

 

想定される活用例

・新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける中でも、営業を継続するため、店内飲食のみであった洋食屋が、出前注文を受け付けるためのwebサイトを作成し、来店しない顧客への販売を開始
・旅館が、自動受付機を導入し、非対面型のサービスを提供する

受付期間

2020年3月10日 ~

申し込みから全体の流れ

①経営計画書を作成

1.最寄りの商工会議所や商工会と一緒に経営計画書を作成する

商工会議所や商工会と一緒に作る経営計画の内容は、創業融資の創業計画書とほとんど変わりません。新商品の開発や販路開拓支援を目的とする補助金ですので、その点をふまえて作成する必要があります。「HP作成することで、このような強みがある、だから、あとはこのように販路開拓すれば売れる!」というようにアピールします。業種にもよりますが、写真やグラフ、図など、見た目で印象を与えることも重要になります。この点が創業計画書と異なるポイントです。

日本商工会議所の補助金ページ

(必要書類ダウンロード方法 : 県名 → 小規模事業者持続化補助金商工会分 → 持続化補助金の申請様式をダウンロード)

 

2.経営計画を作成後、必要書類と誓約書を最寄りの商工会議所または商工会にメールで送り、相談員から助言を受け、印鑑をもらう。

商工会議所または商工会に必要書類をメールで送ると、様式4に印鑑が押されメール返信があります。また、様式4については商工会議所や商工会が用意するものなので、準備する必要はありません。最寄りの商工会議所や商工会は、それぞれのホームページで探すことができます。市町村のうち、商工会議所は市を管轄し、商工会は町村を管轄しています。商工会議所と商工会の管轄はカブりません。必ずどちらか1つの管轄になります。

 

全国の商工会議所一覧

全国の商工会一覧

注)商工会議所や商工会の印鑑は持参した当日にもらえるとは限りません。時間の余裕を見て、早めに提出した方がよいです。

注)誓約書は商工会議所や商工会でダウンロードできます。

注)商工会議所や商工会に行き印鑑をもらうこともできますが、当日もらえるかはわかりません。メールで送る方が早く対応いただける可能性が高いです。

 

 

②募集期間内に補助金事務局に申し込み、審査を受ける

申し込みは、郵送と電子申請で受け付けております。

  1. 1. 郵送

当日消印有効です。

  1. 2. 電子申請

Jグランツでの電子申請をする場合の基本的な処理は次になります。

2-1. GbizIDの申請・受領

    電子申請にあたっては GビズID【gBizプライム】の取得が必要です。

    申請から取得まで2~3週間を要しますのでお早めのご準備をお勧めします。

2-2. 公募要領〔第4版〕(2020/4/30更新)、各種様式Jグランツ入力手引きをダウンロード

2-3. ダウンロードした様式に必要事項を入力

2-4. 入力済の資料をJグランツの画面から添付して申請 (実際の申請はこちらから)

※ Jグランツで入力された申請における正式な審査結果は、従来どおり郵送されます。

Jグランツを利用した補助事業の手続き概要説明(事業のスキーム)(PDF)

→ 小規模事業者持続化補助金事務局

 

③事務局から結果通知をもらう

申し込みから結果通知まで2ヶ月ほどかかります。

申し込んだ人全員が補助金を受けられるとは限りません。

落ちる可能性はあります。

また、落ちた場合でも再挑戦して申し込むことは出来ます。

但し、前回と同じ経営計画は不可なので再度作成する必要があります。

④事業を実施し、事務局に事業内容を報告

経費が補助される期間=補助対象期間までに新商品の開発や販路開拓事業を完了します。

事業完了後には領収書や請求書など、証拠書類と一緒に報告書を提出する必要があります。尚、実際の経費内容が、計画から大きくズレる場合、「小規模事業者持続化補助金に係る補助事業の内容・経費の配分の変更承認申請書」を提出して承認を得る必要がありますので、各商工会議所または商工会に確認しましょう。

⑤事務局から補助金が交付

提出した証拠書類は数ヶ月間にわたってチェックされます。

書類の不備を指摘された場合は、修正対応が必要になります。

経費が目的通りに使われたと認められれば、交付されます。

参照情報

実施組織・支援機関

全国商工会連合会

日本商工会議所

 

収録制度集

新型コロナウイルス感染症関連

お問合せ先

【小規模事業者持続化補助(コロナ特別対応型)についてのお問合せ先】

全国商工会連合会

電話番号:03-6670-3960

受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30(土日祝日除く)

 

日本商工会議所 

電話番号:03-6447-5485 

受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30(土日祝日除く)